jinja_logo

  • 人の一生には、様々な節目があります。その節目に、神さまの御前でこれまでの成長に心から感謝の真心を捧げることが新たな決意と飛躍につながります。

    着帯日妊娠5ヶ月の戌の日に「岩田帯」(さらし木綿等)を締め、神社にお参りし、安産祈願をします
    産湯・産着・産飯生まれた赤ちゃんはすぐに地元の水で沸かした産湯をつかい、一つ身のおくるみにくるみ、生後3日目に袖のある産着を着せます
    また、赤ちゃん誕生直後に炊いたご飯を神棚にお供えし、お下がりを戴きます
    お七夜祝い誕生後7日目に名前を付け、お祝いします
    初宮参り男児は生後31日目、女児は生後33日目に神社に初めてお参りし、誕生の報告と健やかな成長を祈願します。(赤ちゃんは抵抗力が少ないのであまり日数にこだわらなくてもよいでしょう)
    お食初め生後100日頃に大人と同じ食器で赤ちゃんに食べる真似をさせてお祝いします
    初節句生後初めての節句は女児3月3日、男児5月5日で、赤ちゃんの健やかな成長をお祝いします
    七五三参り11月15日3才の男女、5才の男児、7才の女児が神さまに成長の感謝とこれからの無事を祈ります。3才は「髪置」、5才は「袴着」、7才は「帯解」の儀式といわれています
    十三参り数えで13才になった男女が神社にお参りします。特に関西地方でさかんに行われています
    成人式1月の第2月曜日に20才になった男女が神社に無事大人の仲間入りができたことを報告します
    結婚式数ある人生儀礼の中で最も晴れやかな節目です。神さまのご神縁によって結ばれた二人が、これから苦楽を共にして明るい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることをご神前に誓います
    厄 年男子は25・42・61才、女子は19・33・37才が厄年に当たります。災いが降りかかりやすい年といわれ、災厄が身に降りかからないよう神社で厄祓をします。また厄年を人生の一つの区切りと考え、今後の人生の一層の発展を祈願し、お祝いをします
    年祝い家族のものが長寿であることほど、おめでたいことはありません。一定の年齢に達すると長寿の祝をします。名称と年齢は次の表のとおりです

    なお、地域により日数や年齢、お祝いの仕方がことなることがあります。近くの神社にお問い合わせ下さい。

  •  

    還暦(かんれき)61才古希(こき)70才喜寿(きじゅ)77才
    傘寿(さんじゅ)80才半寿(はんじゅ)81才米寿(べいじゅ)88才
    卒寿(そつじゅ)90才白寿(はくじゅ)99才上寿(じょうじゅ)100才
    茶寿(ちゃじゅ)108才皇寿(こうじゅ)111才
  •  

    「数え年」と人生儀礼

    日本人はそれぞれの「年」にも「いのち」があるものとして捉えてきました。人は生まれでたその時に、その「とし」の「いのち」(年魂)を戴くのです。「とし」(年魂)を一つ戴く(取る)、つまり「一歳」です。そして新年を迎える毎に、新たな「とし」のチカラを戴き、いのち若やぐのです。新たなチカラに満ちた「としのいのち」を取り入れる晴れやかな、希望に溢れる節目が正月です。「としを取る」「としを重ねる」ことが芽出たいのです。芽出たさの節目と云える人生儀礼は、満年齢が一般化した今日でも「数え年」で行うことが習わしとなっています。

     

    家庭のおまつり

    神棚はご家庭をお守りいただく神さまをおまつりするところですから、清らかな場所を選び、南向きまたは、東向き(北向きは避ける)に設けてください。家庭におけるおまつりは、毎日丁寧に心を込めて行うことが大切です。絶対にこうでなければならないといった窮屈で堅苦しいものではなく、まつる人のこころが最も大切なのです。この心が基になって、永年の間に自然と形や作法が整ってきたのです。神棚は,家庭の中心となり、家族の心のよりどころとなるものですから、家を新築される場合や結婚して新しい家庭を営む際には是非神棚を設けられ、神々のお守りをいただいて明るく健やかな生活をいたしましょう。

     

    お神札のまつり方

    神棚には伊勢の神宮のお神札(神宮大麻)、氏神神社のお神札、信仰する神様(崇敬神社)のお神札をおまつりします。神棚にお神札を横に並べておまつりするときは、中央に神宮大麻(天照皇大神宮)、向かって右に氏神神社のお神札、左に崇敬神社のお神札をおさめて下さい。また、重ねておまつりするときは、一番手前が神宮大麻、次が氏神神社、その後方に崇敬神社のお神札をおさめて下さい。なお、祖先や親族の祖霊舎は、神棚より下った位置におまつりして下さい。
    また、身内に不幸があった時は、神棚に半紙を貼って毎日のお参りを中断します。亡くなった方の霊魂を祭ることに専念します。地域によって違いはありますが、概ね50日を過ぎるとおまつりを再開します。その間は、神社への参拝も遠慮します。

     

    日々のおまつりお参り

    神棚には毎朝、食事の前に一家の主人又は代表者が、洗面し口をすすいだ後、神饌であるお米(洗米,ご飯でも良い)・塩・水をお供えします(榊の水も替える)。この毎日のおまつりを日供祭といい、家族も毎朝の洗面後、神棚のお参りを欠かさぬようにします。お参りの作法は神社参拝の作法と同じで、二拝二拍手一拝です。
    国の祝日や、氏神神社・崇敬神社の祭礼日、家庭の慶事あるいは記念日などには神饌の種類と量を多くします。御神酒、魚、野菜、果物などを加えてお供えして、家族そろって感謝のお参りをしましょう。季節のものや珍しいもの、到来物などは神棚にお供えし、それをお下げして家族でいただくことが神さまの御心にかないますし、明るく和やかな家庭もこのような手振りの中から築かれることでしょう。また、日常の心得として神棚は常に清浄(拭き掃除などは神棚専用のきれいな白布)に、榊は緑を保つようにし、月末や年末は特に丁寧に掃除をいたしましょう。

     

    お神札の交換(おむかえ)

    新しい年を迎えるにあたり、神さまの新たな恩頼(ミタマノフユ)、つまり私たちを護って下さる生命力にあふれた神霊の力をいただくため、毎年、お神札や注連縄などの神棚の調度を新しく改めてお祭りするのが習わしです。
    神宮大麻・お神札は、年の暮れまたは初詣の際、氏神神社でお受け下さい。
    なお、古いお神札は氏神神社や近くの神社でお炊き上げ(左義長)いただけます。